妊活と不妊治療

子供が欲しいと思っていわゆる「妊活」を始めてからしばらく経つ場合、もしかして私たちは不妊症なのでは?という疑いを抱き始める方は多いのではないでしょうか。

不妊症と一言で言っても、知らないことばかりの間は、自分やパートナーのどちらかに問題があるのでは?という疑いや、タイミングに問題があるのでは?といった、「何となく」の推測しかできないのが通常だと思います。そうは言っても、自分に問題があるのはもちろんのこと、パートナーに何かしらの問題があるのでは?と疑うのはある意味、これまで円満に続いていた関係性に亀裂を生じさせてしまう一因になってしまわないかと心配になり、今ひとつ原因特定に向けて一歩踏み出せないでいる夫婦も多いのではないかと思います。

不妊症とは、一般的に、妊娠してもよいにもかかわらず妊娠できないでいる状態が二年以上続く場合のことだと言われていますが、これは日本での定義であり、海外ではその期間が異なっていたり、不妊症という言い方をしない場合もあるようです。また、卵子や精子、生殖器などに先天的な異常が見られる場合と一時的なバランスの不調による場合とでは不妊と言ってもその意味が変わってきます。

不妊症だと判断するためには自分たちでチェックできることもあれば、病院やクリニックで検査してもらってわかることもあります。まずはそのための知識をここで備えてみるのもよいかもしれません。また、もし不妊治療をきちんと行うことに決めた場合でも、また、不妊治療に頼らず自分たちの努力で自然な妊娠を目指す場合でも、妊娠の可能性を高めるためにできることについてもご紹介しています。あくまでも人間にできることは妊娠のための可能性を高めるということ。人工授精をしたとしても、その先に待っていることまでは人間のコントロールの外だという自然の法則を忘れず、可能性を高めるための工夫や努力にぜひ挑戦してみてください。

適切な手順を踏んでいけば自然妊娠することは充分可能です。

不妊治療の一つである人工授精とは、細いカテーテルというチューブを使い、精子を子宮または卵管に送り込んで、人工的に受精させる方法です。受精は女性本人の卵管で行われるので、自然妊娠となっており、安全な方...
記事の続きはこちら
一般的な不妊治療を行う、と決めるのは医師ではありません。これまでもご紹介してきたように、不妊の原因を作り出していると思われる要因が身体機能的な障害であり、それを治すと妊娠の可能性が高まる、と判断され...
記事の続きはこちら
女性の不妊原因は様々で、不妊治療も様々です。次のような検査を行い、原因を調べていきます。血液検査では、卵管に異常がないか調べます。これはホルモンの量を測定して調べていきます。あとは、キャッチアップ障...
記事の続きはこちら
不妊症とクオリティ・オブ・ライフなんて、どこに関係があるのだろう?と思われる方もいるかもしれません。妊娠に必要なのは正常な受精や着床なのだから、病院に任せればよい、と考える方はたくさんいると思います...
記事の続きはこちら
今は、不妊の原因は、女性と男性で半分ずつくらいとなっています。したがって、不妊治療を行いたいのであれば、パートナーである男性にも、一緒に検査をして原因を解明するために病院に行ってもらうようにしましょ...
記事の続きはこちら
人にはそれぞれ、様々な願いがあると思いますが、妊娠と出産を望むということはセンシティブな問題です。年齢にはリミットがあり、その中でも妊娠できるかできないのか、出産できるのか出来ないのかという不確定な...
記事の続きはこちら
不妊治療を医療機関で受けることをしない、という選択肢をしつつ、なおかつ妊娠・出産を望まれている夫婦は、不妊治療を受けている夫婦と同様にたくさんいると思います。それでも、妊娠・出産に向けて、自分達に出...
記事の続きはこちら
不妊治療の体外受精とは、女性の卵管を使用しない受精の方法になります。卵巣から卵を取り出し、精子と卵子を培養液の中に入れます。すると卵管内で起こる受精と同じことが起こり、受精卵ができます。この受精卵を...
記事の続きはこちら
不妊治療を行うのであれば、名医の元で行いたいものです。そもそも不妊治療の名医とはどのような人のことを指すのでしょうか?まず押さえておきたいのは、長年不妊治療に携わっているということです。同じ産婦人科...
記事の続きはこちら
高齢になり、赤ちゃんが欲しいけど自然妊娠が難しいという人も多くいると思います。特に近年では、晩婚化も進み、結婚する年齢自体が遅くなっているため、妊娠する年齢も高齢化しています。35歳以上で出産した人...
記事の続きはこちら