一般的な不妊治療

一般的な不妊治療

一般的な不妊治療を行う、と決めるのは医師ではありません。これまでもご紹介してきたように、不妊の原因を作り出していると思われる要因が身体機能的な障害であり、それを治すと妊娠の可能性が高まる、と判断されればまずは治療を進めていくことになるかもしれませんし、また、一方では、考えられる問題要因が見当たらないものの不妊の状態にある夫婦でも、体外受精をしてまで子供を授かろうという考えに至らないケースもあります。このように、自分たちが不妊症かどうか?という疑問を抱き始めてから、一般的な不妊治療に進むまでには自由で多様な選択肢がある、ということを忘れないことが重要ではないでしょうか。

その中でも積極的に病院と連携し、不妊治療を進めていきたいと考える方は、長期的な視点を持ちながら、結果に一喜一憂することなく妊娠に向けたプロジェクトを夫婦で始めていくことになります。いわゆるタイミング法とは、基礎体温を毎日測り、その他の検査結果とも総合して排卵日を推定し、タイミングを見計らって性交渉を行うだけではありません。病院がサポートしてくれる不妊治療のおかげで、女性は排卵誘発剤を用いることが出来、排卵周期を強制的に正し、性交渉を行い受精の確率を高めるタイミング法もあります。また、排卵のタイミングを狙い、採取しておいた精子を体内に入れる人工受精なども一般的な不妊治療の種類です。性交渉に障害のあり、なおかつ妊娠・出産を望むカップルにとっては、病院を介した不妊治療は頼もしい存在と言えるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

不妊治療の人工授精とは
不妊治療の一つである人工授精とは、細いカテーテルというチューブを使い、精子を子宮または卵管に送り込んで、人工的に受精させる方法です。受精は女性本人の卵管で行われるので、自然妊娠となっており、安全な方... 不妊治療の人工授精とはの続きを読む>
一般的な不妊治療
一般的な不妊治療を行う、と決めるのは医師ではありません。これまでもご紹介してきたように、不妊の原因を作り出していると思われる要因が身体機能的な障害であり、それを治すと妊娠の可能性が高まる、と判断され... 一般的な不妊治療の続きを読む>
女性の不妊治療
女性の不妊原因は様々で、不妊治療も様々です。次のような検査を行い、原因を調べていきます。血液検査では、卵管に異常がないか調べます。これはホルモンの量を測定して調べていきます。あとは、キャッチアップ障... 女性の不妊治療の続きを読む>