血糖値を把握する

糖尿病は、インスリンの分泌が正常に機能せず血糖値が高い状態を改善できない病気です。そのため、食事療法や運動などで糖尿病の血糖値を下げることが求められます。これ以上悪化しないようにし、合併症を併発させないためにも糖尿病の血糖値を下げる事は非常に重要な課題となります。

血糖自己測定とは、自分で日々の血糖値を測ることで、糖尿病の血糖値を下げるという目的に対して意識付けをし、自分の血糖値の状態をしっかりと把握することができます。目に見えにくい糖尿病の状態を血糖値という数値で自分で計測することができ、治療の手ごたえを感じることができるのがメリットだといえます。また、糖尿病の治療のために様々なデータが集まりますし、血糖値と自分の健康状態を理解し、効率よく治療に役立てていくことができます。特にインスリン治療においては、インスリン投与量の調節が重要ですが、自分の血糖値がわかるという点では、治療を有利に行っていくことが可能です。自分で血糖値を測ったら、ノートに記録をしておきましょう。

血糖自己測定は、糖尿病の状態や治療方針によって異なりますので、担当医指導に従って計測するようにします。計測方法に不安などがある場合は、医師に相談することが大切です。一般的には、3度の食事の前後と就寝前の7回測定を行います。 その後は血糖コントールの状態によって、1日1回や2回にしていく方法もあります。朝食前の血糖値は、インスリン基礎分泌の状態や就寝前のインスリン注射の基準となるので一番重要な測定ポイントとなります。

糖尿と診断されてもいきなり薬物療法に入ることはほとんどありません。まずは、食事療法と、運動療法から入ります。このように糖尿病の改善にとって、運動は食事と並んで糖尿病の血糖値を下げるのに大きな効果が期待...
記事の続きはこちら
糖尿病という生活習慣病は食生活の欧米化とともに日本人の患者も増加の一途をたどっています。日本国内における調査では、糖尿病が強く疑われる人は900万人程度存在しているといわれています。糖尿病の発症の可...
記事の続きはこちら
サイレントキラーとも言われ、自分でも糖尿病と気が付かないので、どんどん進行してしまいます。糖尿病は軽いレベルの段階から、重症のレベルまでいくつかの段階がありますが、レベルの低い段階ではほとんど気が付...
記事の続きはこちら
1型糖尿病にはインスリン治療が欠かせないので、すぐにインスリン治療にはいりますが、2型糖尿病の場合は、糖尿病と診断されたらまずは食事療法と運動療法から入り、病院で様々な指導を受けます。そして、様子を...
記事の続きはこちら
糖尿病は現代病の代表格であり、かかってしまうと糖尿病の血糖値を下げる努力を一生強いられます。日本人においては約5人に1人が発症しているかその予備軍だといわれています。一度かかると治らない病気で、最悪...
記事の続きはこちら
糖尿病は血糖値が上がっていても症状に出なかったりします。私のように何年も健康診断で「正常値」を保っていても、糖尿病の自覚障害でてからやっと自分が「糖尿病」だとわかったものいます。近所の奥さんは膀胱で...
記事の続きはこちら
血糖値を下げるには、まずは糖尿病のことをよく知っておく必要があります。そのうえで血糖値改善の正しい治療や改善策を講じます。糖尿病になる原因は複数あり、また、複数の要因が絡み合って発症します。 糖尿病...
記事の続きはこちら